小学生は8人制サッカーが主流。導入された理由とは?11人制との違いは?

ルール

大人からするとサッカーといえば、11人でプレーするスポーツですが、今の小学生にとっては8人でプレーするスポーツです。

なぜなら、今の小学生年代ではJFAが主催する公式大会でも8人制を採用しており、8人制がスタンダートとなっているためです。

子供の頃、サッカーをやっていた方のイメージは、小学生も大人と同じ11人制だと思いますが、なぜ小学生は8人制が主流となったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

なぜ8人制サッカーを導入?

8人制サッカー

JFAがU12の公式戦で導入したのが8人制サッカーですが、導入には大きく2つの理由があります。

 

①試合中にボールに触れる機会を増やすため

子供達がスキルを磨くには、試合経験を多く積むことが何より重要と言われます。

しかし11人制の場合、選手数が多いため1人1人がボールに触れる機会が少なく、子供たちに多くの経験を積ませることができません。

8人制とすることで、1人1人のボールに触れる時間を増やすことを狙ったのです。

 

②試合数を増やすため

11人制の場合、8人制よりもフィールドが広いため、普通の小学校の校庭では1つのフィールドしか作れません。しかし8人制となることでフィールドが小さくなるため、従来1面だったフィールドを2面作ることができるようになります。

これにより同時に2試合開催ができるようになり、単純に試合開催数を2倍とすることができるようになりました。

 

いつから8人制が採用された?

8人制が採用されたのは2011年からです。

これに伴い、小学生年代の全国大会である全日本少年サッカー大会も、2011年に11人制から8人制となりました。

そのため2011年以降に小学校でサッカーをプレーしていたプレーヤーにとっては、8人制が普通のイメージだと思います。その親世代は11人制のイメージがあるので、子供のサッカーを観戦したときに8人制となっていることに意外な思いを持つかも知れません。

2011年というと、久保建英選手の世代がちょうど分かれ目の年代と言えます。久保選手よりも上の世代は小学生でも11人制だったはずで、久保選手よりも下の世代は8人制サッカーの出身と言えます。

 

スペインでは7人制を採用している

スペインでは日本の8人制よりも、さらに1人少ない7人制が採用されています。

日本人と体格が近いにも関わらず、体格に劣るドイツや南米のチームを退けてW杯優勝経験があるスペインは日本サッカーの参考になると言われますが、育成年代においてもそれは同じです。

 

スペインでは最初に5人制のフットサルから始める子が多いと言われます。年代が上がるにつれ、5人制、7人制、11人制となっていくことで、高いテクニックを持つ選手が育成されるのです。また5人制、7人制で狭い位置でボールを扱うことを覚えるため、11人制となった際にもプレーで慌てることがありません。

これがバルセロナのティキタカに代表されるような高いテクニックでパスを繋ぐサッカーに繋がっていきます。

 

8人制サッカーのルールは?

8人制サッカーの特長として、前述したピッチのサイズが11人制の半分であること、そして自由にいつでも選手交代ができるということが挙げられます。

 

選手交代は、GK以外は審判に申告せずに交代させることができます。

また一度交代した選手も、もう一度出場することができ、選手交代の上限がありません。さらに試合中にレッドカードで退場者が出た場合も、選手の補充が認められており基本的に8対8が崩れることはありません。

選手交代の人数に制限を設けないことで、これまで交代枠の問題で試合出場できなかった選手に出場機会を与えることができるようになりました。

 

試合時間は15分〜20分ハーフです。

これは従来の小学生の11人制の試合時間と変わりません。

 

なお8人制サッカーの大きな特徴として、イエローカードレッドカードの他にグリーンカードが存在します。

これはピッチの選手がフェアプレー精神溢れるプレーやリスペクトある行動を取ったときに主審から提示されます。

小学生に対してフェアプレーの大切さを示すために導入されたカードで、グリーンカードを通じて大人が子供を褒め称えることに大きな意味があります。

 

フットサル出身選手には名選手が多い?

フットサルの様子

プレー機会を増やすために採用された8人制ですが、5人制であるフットサルからサッカーを始めた選手には名選手が多いことが知られます。

例えばネイマールは6歳の頃、父親の考えでサッカークラブではなく、フットサルクラブに入団しています。あの独特なステップ、ドリブルはフットサルで培ったものです。

さらにロナウジーニョジダンロナウドなどもフットサル出身選手として知られます。

特にロナウドはあえてトーキックでゴールキーパーのタイミングを外して、ゴールを決める姿が印象的ですが、これもフットサルで培ったテクニックと言えます。

育成年代ではやはりボールに触れる機会を増やすことが、ジダンやネイマールのような柔らかいボールタッチをする選手育成には必要なのかも知れません。

 

まとめ

今回は8人制サッカーについて纏めましたが、小学生年代では普通のルールになっているということを知らない方も多かったのではないでしょうか。

このJFAの取り組みによって、スキルの高い選手が次々と生まれてくることが期待されますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました