アジア杯準々決勝ベトナム代表とは?注目選手、日本との対戦成績、直近の試合結果は?

ベトナム代表とは アジアカップ2019

アジアカップ2019はノックアウトステージの決勝トーナメントに移行しました。

日本は冨安の代表初ゴールでサウジアラビア代表に1-0で勝利し、ベスト8にコマを進めました。

準々決勝の相手は、ヨルダンと1-1の激闘の末、PK戦で勝利したベトナムです。

 

アジアカップの準々決勝でベトナム?なんか聞き慣れないですよね。

そもそもベトナム代表ってどんなチームなの?

警戒すべき注目選手はいるの?

日本との過去の対戦成績は?

ベトナム代表のここ最近の試合の結果は?

 

今回はベトナム代表のこれらの疑問点についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ベトナム代表ってどんなチーム?

FIFAランキング

100位(12月20日発表時)

ここ最近は100位前後を推移していますが、ここ10年のFIFAランキングの推移は以下のとおりです。

  • 2018年 100位
  • 2017年 112位
  • 2016年 134位
  • 2015年 147位
  • 2014年 137位
  • 2013年 144位
  • 2012年 131位
  • 2011年 99位
  • 2010年 137位
  • 2009年 123位

ワールドカップへの出場経験

もちろんありません。

アジアカップの出場

タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシアの4か国共同開催となったアジアカップ2007が初出場となります。

このときは開催国枠での出場になりますので、実力でアジアカップに出場したわけではありません。

今大会は、3次予選をグループ2位で勝ち上がって本選に自力で出場を決めています。

 

開催国のひとつとして出場したアジアカップ2007は、開催国4か国と予選を勝ち抜いた12か国の計16か国によって本選が行われました。4か国4グループに分け、ベトナムは日本と同じグループ2位でトーナメントに進出しました。この時点でベスト8決定。準々決勝はこの大会優勝したイラクに0-2で敗れ、初出場にしてベスト8という結果を残しました。

 

これに対して今大会のアジアカップ2019本選は、24か国で行われ、グループリーグ上位2位の12か国と3位でも成績上位の4か国、計16か国が決勝トーナメントに進出できます。

ベトナムはグループ3位でしたが、なんとか上位4か国の中に滑り込み、決勝トーナメント進出を決めました。

決勝トーナメントでは、なんとグループB1位のヨルダン相手に、1-1の引き分けでPK戦に持ち込み勝利してしまいました。

ヨルダンは、グループステージでオーストラリアに勝利したチームです。FIFAランキングこそヨルダンは109位とベトナムより下ですが、アジアカップ本選には3大会連続4回目の出場となる常連国です。

日本もヨルダンには、苦しめられた過去があります。ひとつは、2004年の準々決勝でPK戦で辛くも勝利(川口能活の神がかり的なスーパーセーブ)、もう一つは2011年のグループリーグでまさかの引き分け。

2004年も2011年も日本は優勝しましたので、ヨルダンの方が縁起がいいのかもしれませんが、そんなヨルダン相手にベトナムは勝利し、自力でベスト8まで進出してきました。

 

AFC U-23選手権準優勝

2018年1月9日~27日にかけて中国で開催されたAFC U-23選手権で、ベトナムはなんと準優勝に輝いています。

もちろんU-23日本代表も参加しており、マンチェスター・シティに移籍が発表された板倉滉や三好康児なども出場していましたが、日本は準々決勝でウズベキスタンに0-4で敗れています。

 

この大会、ベトナムはグループ2位で決勝トーナメントに進出すると、準々決勝でイラクにPK戦で勝利、準決勝ではカタールにまたもやPK戦で勝利。決勝はウズベキスタンで1-2で敗れるも、準優勝という快挙を成し遂げています。

 

そして、この大会に出場した選手も多く、今回のアジアカップ2019に参加しているんですね。

 

ベトナムの警戒すべき注目選手4人

FW10 グエン・クオン・フオン

決勝トーナメントのヨルダン戦で起死回生の同点ゴールを決めています。

グループリーグのイラク戦でも1ゴール決めているベトナムの24歳のストライカーです。

ベトナムのメッシと異名をとるベトナムの黄金世代の絶対的エース

かつてJ2の水戸ホーリーホックにも期限付き移籍をしたこともあります。

 

MF19 グエン・クアン・ハイ

現在21歳ながら、ベトナムの中盤にとって欠かせない選手となっています。

AFC U-23選手権では、チーム最多・得点ランキング2位の5得点を挙げ、ベトナムの準優勝に大きく貢献しました。

その得点力と、左足から繰り出される鋭く曲がるフリーキックに注意すべき選手です。

 

DF5 ドアン・バン・ハウ

まだ19歳の逸材です。ハノイFCの下部組織で育ったドアン・バン・ハウはU-20ワールドカップ、AFC U-23選手権にも出場しており、若いながら経験は豊富な選手です。

身長185cmの大型左サイドバックとして、ドイツのクラブも興味を示しているとか。

日本の右サイド、堂安あるいは伊東がどう崩すかがポイント。

 

GK23 ダン・バン・ラム

ロシア出身の25歳の守護神

身長も188cmありますが、それ以上の威圧感があります。

ASEANサッカー連盟が主催するAFFスズキカップでは、無失点時間を405分として大会新記録を樹立し、ベトナム代表の優勝に貢献しました。

PK戦になると怖い存在となります。

 

 

日本代表のスタメン予想はこちら↓

準々決勝ベトナム戦のスタメン予想!大迫、伊東、塩谷、室屋、佐々木を入れ替え?
アジアカップ2019、準々決勝ベトナム戦の日本代表のスタメンを独自に予想してみました。大迫の復帰が望まれるとともに、両サイドバックの入れ替えも予想。低調な南野、堂安も外してみました。

 

日本との対戦成績は?

日本代表とベトナム代表のこれまでの対戦成績は、3試合行い

3勝0敗(9得点1失点)となっています。

 

日本から見た過去の試合結果は以下のとおり。

2011/10/07 親善試合  1-0
2007/07/16 アジアカップ  4-1
1973/05/20 W杯予選  4-0

 

負けなしですが、最近のベトナムの躍進ぶりを見ると、全く当てになりませんね。

 

ベトナム代表の直近の試合結果は?

AFFスズキカップからアジアカップ2019決勝トーナメント第1戦までの試合結果をまとめてみました。

 

AFFスズキカップ グループステージ

  • 18/11/8 ベトナム 3-0 ラオス
  • 18/11/16 ベトナム 2-0 マレーシア
  • 18/11/20 ベトナム 0-0 ミャンマー
  • 18/11/24 ベトナム 3-0 カンボジア

AFFスズキカップ 準決勝

  • 18/12/2 ベトナム 2-1 フィリピン
  • 18/12/6 ベトナム 2-1 フィリピン

AFFスズキカップ 決勝

  • 18/12/11 ベトナム 2-2 マレーシア
  • 18/12/15 ベトナム 1-0 マレーシア

親善試合

  • 18/12/25 ベトナム 1-1 北朝鮮
  • 19/1/1  ベトナム 4-2 フィリピン

アジアカップ グループステージ

  • 19/1/8 ベトナム 2-3 イラク
  • 19/1/12 ベトナム 0-2 イラン
  • 19/1/17 ベトナム 2-0 イエメン
イラン(29位)、イラク(88位)は格上ですが、格下のイエメン(135位)にはしっかりと勝ったことが功を奏していますね。

アジアカップ 決勝トーナメント

  • 19/1/20 ベトナム (PK4-2)1-1 ヨルダン

 

まとめ

近年力をつけてきているベトナム代表。

決して油断のできる相手ではありません。

 

準々決勝・ベトナム戦

  • 2019年1月24日22:00(日本時間)キックオフ
  • テレビ朝日系、NHK BS1にて放送

 

コメント