アジアカップ2019決勝戦の採点。カタールの無失点優勝を南野が阻止!【動画あり】

アジアカップ2019

2019年2月1日、アジアカップ2019の決勝日本vsカタール戦が行われました。

結果は、3-1でカタール初優勝

FW19アルモエズアリのオーバーヘッド、MF6ハティムの豪快シュート、FW11アフィフのPK、南野拓実が今大会初ゴールを奪うも完敗。

 

決勝の相手は、ここまで16得点無失点で勝ち上がってきた伏兵カタール代表。

FIFAランク93位のカタールに立ち向かった日本代表のスタメンは以下のとおり。

GKの権田修一が大会中にサガン鳥栖からポルティモネンセ(ポルトガル)に移籍が決まったことにより、史上初の全員海外組のスタメンとなりました。

決勝スタメン
サッカーダイジェストweb版より引用

対するカタール代表は、帰化選手2名が代表資格がないのではという疑惑がありましたが、AFCが問題ないとの結論を出したため、FW19アルモエズアリ選手(モロッコ出身)、DF15アルラウィ選手(イラク出身)ともにスタメンで出場しました。

 

それでは、決勝のカタール戦を振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

まずは選手の採点から!

カタール戦での日本の選手のプレーに対して独自に10段階で評価してみました。

 

権田5.0 1点目は防ぎたかった。

長友6.0 前半は全く。後半は何度か左からチャンスを演出。

冨安6.0 インターセプトはさすが。後半の攻撃参加は迫力あり。

吉田4.5 3失点に絡み、絶不調。

酒井6.0 右サイドで力強い攻撃の起点をつくった。

塩谷6.0 1対1では負けていない。

柴崎6.0 後半何本か縦に鋭いスルーパスを通した。

堂安6.0 右サイドで仕掛けるも、崩すことはできず。

原口5.5 攻撃がうまく行っていないときほど中央に寄る悪い傾向。

南野6.0 後半は非常に機能し、今大会初ゴールを奪う。

大迫5.5 なかなかシュートを撃てず。南野のゴールにつながる落としはよかった。

武藤6.0 武藤が入ってから攻撃にリズムが生まれた。

伊東5.0 特に何もできなかった。

乾は出場時間が短すぎるため、採点不能。

 

【スタメン】(選手名をクリックすると選手情報の記事に飛びます)

GK 権田修一(29) ポルティモネンセ 5.0
DF 長友佑都(32) ガラタサライ 6.0
DF 冨安健洋(20) シント=トロイデン 6.0
DF 吉田麻也(30) サウサンプトン 4.5
DF 酒井宏樹(28) マルセイユ 6.0
MF 塩谷司(30) アル・アイン 後半38分OUT 6.0
MF 柴崎 岳(26) ヘタフェ 6.0
MF 堂安 律(20) フローニンゲン 6.0
MF 原口元気(27) ハノーファー 後半17分OUT 5.5
MF 南野拓実(23) ザルツブルク 後半44分OUT 6.0
FW 大迫勇也(28) ブレーメン 5.5

【途中出場】

MF 武藤嘉紀(26) ニューカッスル 後半17分IN 6.0
MF 伊東純也(25) 柏レイソル 後半38分IN 5.0
MF 乾貴士(30) べティス 後半44分IN

 

前半はアルモエズアリの衝撃ゴールなどで2失点

前半のMVPはカタールのFWアルモエズアリ

前半10分までは日本が主導権を持っていましたが、後半12分、カタールが最初のチャンスをものにしました。

ゴールを決めたのはやはりFW19・アルモエズアリ選手。左サイドから受けたボールをトラップし、浮いたボールをオーバーヘッド。ボールは権田の手が届かないゴール右隅に吸い込まれていきました。大一番でこのプレーを選択し、しかもゴールを決めてしまう。敵ながらあっぱれでした。

ただ、GKによっては防げたシュートだったと思いますので、非常に悔やまれますね。

アルモエズアリは、決勝戦までにアジアカップタイ記録となる8ゴールを挙げていましたが、この1ゴールで通算9ゴールまで伸ばし、最多記録を更新するとともに、今大会の得点王となりました。

 

反撃を試みる日本ですが、カタールのディフェンス陣をなかなか崩すことができず、ゴールの予感がないまま時間が過ぎていきました。

 

そして、前半27分、またしてもカタールに少ないチャンスを確実に決められてしまいました。MF6・ハティム選手の強烈な左足でのシュートは権田も成す術はありませんでした。

しかし、その前の日本のDF陣の対応がまずかったですね。ペナルティエリア外でハティムをフリーでボールを受けさせてしまい、吉田も詰め切ることができず、簡単にシュートを撃たせてしまいました。

2点とも吉田が強くプレッシャーを与えられない状況で決められたゴール。カタールのスピード、テクニックについていけていない感じでした。

 

2失点目の直後にもあわや3失点を許す場面もあり、完全にカタールのペースで前半を終えました。

準決勝でのイラン戦とはうってかわって、日本の攻撃陣の連動性がなくなかなかシュートまでもっていけませんでした。前半日本が放ったシュートはたったの2本。この数字が日本の攻撃陣の不調を物語っています。

 

後半、南野がついにゴールするも、吉田のハンドでPK

後半のMVPはカタールFW11のアフィフ

後半は日本のペースで試合が進みました。

一度カウンターからピンチを迎えますが、ゴールの目の前での相手のシュートミスで事なきを得ました。

柴崎、南野、大迫が絡みながら、幾度となくチャンスを作りますが、なかなかゴールに結びつきません。

後半17分、原口に代わって武藤が投入されると攻撃が活性化されます。南野が左サイドへポジション変更し、武藤が中央でターゲットとなり、攻撃の連動性が生まれだしました。

 

そして後半24分、ついに南野が今大会初ゴールを決めました。

塩谷から鋭い縦パスが大迫に通り、その落としを南野が拾い、キーパーと1対1に。ボールを上手く浮かして技ありゴールを決めました。

 

これで勢いに乗った日本は、次々と波状攻撃を仕掛けますが、カタールの固いディフェンス陣の壁に跳ね返されてしまいます。

 

そうこうしているうちにカタールのカウンターを受けます。この反撃からコーナーキックを奪われ、そのセンタリングからのシュートが吉田の手に当たってしまいました。いったんは流されますが、VARでのビデオ判定でPKとなり、3点目を決められてしまいました。

 

せっかく1点を返して同点へのチャンスもいくつかあっただけに、水を差す結果となってしまいました。

 

結局このまま日本の反撃は実らず、日本は敗れることになりました。

カタールはアジアカップ初優勝!

19得点1失点での優勝は、まさにそれに値するチームだったと思います。

日本は1ゴールを挙げ、カタールの無失点優勝を阻止しました。

 

試合後のインタビュー

森保監督

  • 優勝を目指してやってきて、応援してくれた方々の期待に応えられず残念。
  • 選手はチームのために成長をしてきた。
  • この大会、我々のチームを分析して、ステップアップしていきたい。

 

大迫勇也

  • 悔しい。
  • もっと前半いいプレーすべきだった。チーム全体としてうまくいかなかった前半だった。悔いが残る。

 

まとめ

日本は2年ぶり5度目の優勝はなりませんでした。決勝まですべて1点差で、苦しみながらも決勝進出を果たしましたが、16得点無失点で決勝まで勝ち上がってきたカタールの勢いに勝つことはできませんでした。

カタールの強さは本物でしたね。

森保ジャパンとしては12戦目にして初の敗戦となりました。

森保監督も言っていましたが、この大会をしっかりと分析して、さらに強い日本代表を作り上げていってほしいと思います。

そして、今大会怪我で出場できなかった中島翔哉選手は、カタールリーグのアルドゥハイルというクラブに移籍し、得点王のアルモエズアリ選手と同僚となります。さらなるパワーアップをして代表に復帰してほしいですね!

カタールのアルドゥハイル(レフウィヤ)とは?中島が移籍先に選んだ理由
中島翔哉がポルティモネンセからカタール1部のアルドゥハイルへの移籍が決定しました。知名度が低いアルドゥハイルについて詳しく紹介するとともに、中島が移籍を決断した理由、移籍金・年俸などをまとめました。

 

コメント