高校サッカー選手権の1大会最多得点と大会通算最多得点ランキング!

得点ランキング 高校サッカー

高校サッカー選手権といえば、誰が得点王になるのかにも注目が集まりますね。

別の記事でJリーグが発足した1993年以降の歴代得点王についてまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

今回は、1大会における得点が最も多い選手から順に紹介するとともに、大会を通じて得点が最も多い選手も一緒に紹介していきたいと思います。連続出場して活躍した選手はものすごい記録になっています。

 

スポンサーリンク

1大会最多得点記録は鹿児島城西の大迫勇也

大迫勇也の半端ないプレースタイル。日本代表絶対的エースの嫁はモデルの三輪麻未【動画あり】
鹿児島城西高校での半端ないプレーで一躍有名になり、現在日本代表のトップに君臨する大迫勇也選手。ポストプレーを代名詞とするプレースタイルと、ロンドン五輪落選などの挫折を味わった経歴などについてまとめました。

 

1大会最多得点は、2008年の第87回大会で鹿児島城西の大迫勇也(現ブレーメン・日本代表)が叩きだした10得点

初戦から4試合連続2得点を記録し(表下のエピソード参照)、準々決勝までで8得点。

準決勝で1得点を奪い、それまでの最多得点だった平山相太(国見・第82回)、石黒智久(富山第一・第78回)の9得点に並びました。

決勝でも1得点決め、大会史上初の1大会2ケタ得点に到達しました。なお、決勝では広島皆実に惜しくも2-3で敗れて準優勝となっています。

この1大会10得点の記録は10年経った今でもまだ塗り替えられていません。

 

Jリーグ発足時の1993(第72回)年から2017年(第96回)の間に得点王となった選手の総得点は159得点。

得点王の1大会あたりの平均得点は6.36得点となります。1大会10得点がいかにすごいか分かりますよね。

なお、もっとも最少得点で得点王となったのは、2014年の第93回大会でわずか3得点、7名もの選手が得点王になっています。

 

※以下のランキングは、Jリーグ発足の1993年以降に限ります。

1大会における得点ランキング

【1位】10ゴール

大迫勇也 鹿児島城西 2008年・第87回 準優勝

【2位】9ゴール

平山相太 国見 2003年・第82回 優勝
石黒智久 富山第一 1999年・第78回 ベスト4

【4位】8ゴール

大久保嘉人 国見 2000年・第79回 優勝
林丈統 滝川第二 1998年・第77回 ベスト4
森崎嘉之 市立船橋 1994年・第73回 優勝

【7位】7ゴール

飯島陸 前橋育英 2017年・第96回 優勝
浅野拓磨 四日市中央工 2011年・第90回 準優勝
大前元紀 流経大柏 2007年・第86回 優勝
平山相太 国見 2002年・第81回 準優勝

 

※エピソード

4試合連続2得点という大会史上初の記録を打ち立てた大迫勇也を一躍有名にしたのが、4試合目の準々決勝の相手・滝川第二のキャプテンが試合後のロッカールームで叫んだ「大迫半端ないって!」のフレーズです。このフレーズがロシアW杯で得点を挙げた大迫を讃えるものとして再度クローズアップされ流行語大賞の流行語部門賞を受賞しましたが、この言葉には続きがあります。

大迫半端ないって、もう。あいつ半端ないって!後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。 そんなの出来ひんやん、普通。そんなんできる?言っといてや、出来るんやったら。新聞や、もう全部新聞や。撮られたし。また一面やし。 またまたまたまた2ゴールやし。1発にしとけばよかった。1発に!大迫うまいなー。 どうやったら大迫止められるんやろ?

「またまたまたまた」という部分には伏線があって、3回戦の翌日の新聞に「大迫、またまたまた2発!」という見出しが躍ったのを滝川第二の選手たちが見て、俺らも次大迫に2点入れられたら「またまたまたまた2発になるやんけ!」って笑い話をしていたそうです。そうしたら本当に取られてあの発言に至ったため、ロッカールームは大爆笑だったというエピソードがあります。

 

大会通算最多得点は2大会連続得点王に輝いた国見の平山相太

 

長崎の名門・国見で怪物と呼ばれた平山相太は、1年生から3年連続で高校サッカー選手権の全国大会に出場し、通算17ゴールを記録しています。

1年生のときに出場した第80回大会では1ゴールを挙げ優勝、2年生のときには7ゴール(得点王)で準優勝、そして3年生のときには当時1大会最多得点に並ぶ9ゴール(得点王)で優勝に貢献しました。

3年間で優勝2回、準優勝1回、得点王2回、そして2年連続得点王とまさに怪物ですね!

 

それまでは、市立船橋(千葉)時代の北嶋秀朗が3年間で積み上げた通算16ゴールが最多でした。北嶋は1年時の第73回大会で優勝、2年時はベスト8、3年時は6ゴールで得点王に輝き再び優勝に貢献しています。

 

まとめ

2大会、3大会に連続出場できるっていうだけでもすごいことなのに、出た大会で毎回結果を出すことはもっとすごいですよね。

これらの記録はなかなか破ることは難しいだろうと思いますが、いつの日かさらなる怪物が現れてこれらの記録は塗り替えられていくでしょう。

 

コメント