槙野智章のプレースタイル。明るい性格で代表の座も女優の嫁もゲット【動画あり】

槙野智章 DF

日本代表と、浦和レッズのセンターバックであり、その明るい性格からサポーターからの人気も絶大な槙野智章選手。

 

その明るいイメージとは裏腹に、サッカーに対しては非常にストイックであり、鍛え上げられた屈強な身体は日々の鍛錬の賜物と言えます。

 

プライベートでは2017年に女優の高梨臨と結婚しており、公私ともに順調な時間を過ごしています。

 

今回はそんな槙野智章のプレースタイル経歴明るい性格でムードメーカー、そして女優・高梨臨との結婚についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

槙野智章のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

槙野智章 Tomoaki Makinoさん(@makino.5_official)がシェアした投稿

 

いつもビシっと決まった7:3分けの髪型がトレードマーク。チャーミングな笑顔で周りを明るい気分にしてくれます。

嫁さんは女優の高梨臨さんですが、子供はまだいないようですね。

名 前 槙野 智章(まきの ともあき)
出身地 広島県広島市
生年月日 1987年5月11日
身長/体重 182m/77kg
所属/背番号 浦和レッズ/5
ポジション DF
利き足 右足
家族 妻(女優・高梨臨)

 

槙野智章のプレースタイル

サンフレッチェ広島のユース育ちの選手であり、もともとはフォワードのポジションで活躍していました。

中学3年生でセンターバックにコンバートされ、以後これまでずっとセンターバックを主戦場としています。

 

とにかく攻撃が大好きな選手であり、センターバックにも関わらず2018年シリーズ終了時点でJ1リーグ通算41得点を決めています。これは2018年のJリーグMVPに輝いた家長昭博、浦和で同僚であった梅崎司、ドリブルでの突破に特長がある齋藤学など攻撃的なポジションを主戦場とする代表経験者よりも多く、その数字が突出していることが分かります。

 

一方、ディフェンダーとしての能力も高く、ミハイロ・ペテロビッチ監督は「ディフェンダーらしい、ディフェンダー」と槙野を高く評価しています。

1対1や、空中戦にも強く、国内レベルでは完成された選手と言えます。

 

サイドバックとしてプレーできるユーティリティーもあり、日本代表においても複数ポジションプレーできる選手として重宝されています。

 

【守備も攻撃も高いセンスを感じる3分動画】(world dream soccer様に感謝!)

 

槙野智章の経歴

サンフレッチェ広島時代

広島県出身であり、サンフレッチェ広島の下部組織で育ちます。

サンフレッチェの同期には柏木陽介、森重真人(高校からは広島皆実高校でプレー)などがいます。

槙野が有名になったのは「調子乗り世代」と言われた2007年のU-20ワールドカップでの活躍です。

この代表チームには後の日本代表の主力となる内田篤人、香川真司、森重真人などがおり、チームは高い完成度を誇っていました。

このチームは予選リーグをトップ通過しますが、決勝トーナメント1回戦でチェコに敗戦し大会を去ります。

 

大会の成績以上に印象的なゴールパフォーマンスが注目されており、その事は海外でも大きく取り上げられました。

このゴールパフォーマンスの発案者は槙野だったと言われます。

代表活動後にサンフレッチェに戻った後も柏木、森脇らとゴールパフォーマンスを続けており、これはサンフレッチェの代名詞になりました。

 

サンフレッチェ広島では2006年にトップチーム昇格直後からペテロビッチ監督の寵愛を受け、レギュラーとして試合出場を続けます。

 

1年目は残念ながらチームはJ2へ降格しますが、2年目には圧倒的な成績でJ1復帰を果たしており、槙野は中心選手として活躍を見せます。

 

ブンデス・FCケルン時代

2010年には念願であった海外移籍を果たし、ドイツブンデスリーガのFCケルンに加入します。

しかしここでは思うような出場機会を得ることができず、2年間でわずか8試合の出場に終わりました。

ちなみにこのとき、ヴィッセル神戸に所属するルーカス・ポドルスキ選手とはチームメートになっています。

 

浦和レッズ時代

槙野は出場機会確保のために、日本復帰を決意し、2012年浦和レッズへの移籍を果たします。

このときサンフレッチェから移籍時に広島愛を語っていたことから、一部サポーターから浦和入りを非難されています。

 

浦和ではまたたく間に中心選手となり、チームの顔となります。

今シーズン、昨シーズンと中国のクラブから巨額の獲得オファーが届いていると言われますが、槙野はチーム愛を強調し残留を果たしています。

 

ムードメーカーとしての側面

日本代表ではチームのムードメーカーを買って出ており、槙野の存在に助けられている選手も非常に多いと言われています。

特に初招集の選手とは意識的にコミュニケーションを取ることで知られており、チームの輪に溶け込むのを助けているようですね。

 

しばしば、その面だけがクローズアップされ、実力が伴っていないのではないかという否定的な意見も散見されますが、出場した試合では確実な結果を残しており、その能力が日本代表に相応しいことを証明しています。

 

槙野智章の嫁は高梨臨

目立つ選手のため、メディアに取り上げられる機会も非常に多いです。

高梨臨さんとの結婚前には水沢アリーさんとの交際がクローズアップされたこともありました。しかしこの交際は事実だったようですが、長続きはせず交際期間は短かったようです。

 

その後に高梨臨さんと、1年6ヶ月の交際の末に結婚したことが2017年に発表されています。

夫婦の仲睦まじい様子はインスタグラムでも垣間見えます。

 

まとめ

メディア露出の多さからしばしば批判に晒されることも多い槙野選手。

しかしその実力には確かなものがあります。

アジアカップ2019を戦う日本代表にも選出されているため、活躍に期待したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました