大島僚太(川崎)のプレースタイル。怪我の多さで日本代表危うし!?【動画あり】

大島僚太 MF

日本代表で主力を張る実力を持ちながら怪我による辞退が多い印象の大島僚太選手。

所属する川崎フロンターレでは10番を背負い、川崎の生きる伝説「中村憲剛」選手の後方でボランチとして活躍しています。その実力は中村も認めるほど確かなものです。

テレビに出演しているときも、寡黙で真面目そうな印象がありますよね。実際、フロンターレに加入した当初は寡黙で自己主張はしなかったと中村が語っています。

しかし、10番をつけるようになり、チームの副キャプテンとなった2016年くらいから、しゃべるようになってチームをリードするようになったそうです。

中村とは異なる大島僚太のプレースタイルと、大島の怪我と日本代表ついてまとめましたので、最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

大島僚太のプロフィール

Embed from Getty Images

大島僚太は、身長が168cmと低いながら、川崎フロンターレの心臓としてチームの攻守の要となっています。

2017年9月に一般の方と結婚しています。子供はまだいないみたいですね。

名 前 大島 僚太(おおしま りょうた)
出身地 静岡県静岡市
生年月日 1993年1月23日
身長/体重 168cm/64kg
所属/背番号 川崎フロンターレ/10
ポジション MF
利き足 右足
家族 妻(一般人)

 

大島僚太のプレースタイル(中村憲剛との比較も)

私は実際にスタジアムで大島選手のプレーを観たことがありますが、とにかくボールを簡単に失わない選手です。

味方のサポートへの動きも秀逸で、傍目には簡単にボールを受けて捌くというプレーを淡々とこなしているようにみえますが、ピッチの中ではそのサポートが絶妙なタイミングで行われており、何人もの名手が大島とサッカーをしたいと発言しています。

 

同じようなプレーを得意としているのは、遠藤保仁選手であり、プレースタイルも非常に近いものがあると考えています。遠藤もチームのリズムを作ることのできる選手でしたので、全盛期は中村俊輔選手、本田圭佑選手よりも日本代表において代えが効かない選手でした。

 

また岡田武史監督が若き頃の山田直輝選手をして、周りのスイッチを入れることのできる選手と評していましたが、まさに大島もスイッチを入れることのできる選手です。

 

ゆったりとボールを回していると思ったら、相手の急所を突く急角度での縦パスを入れることもあり、これが川崎の得点パターンの1つとなっています。縦パスといえば、中村憲剛選手のイメージですが、中村のプレーを見続けてきたからこそ身についたものなのかも知れません。

 

「中村憲剛2世」とも称されていますが、中村自身語っているように、中村と大島は根本的にタイプが異なります。

中村は典型的なパサーですが、大島は卓越した個人技でドリブルでゴール前までボールを運べるボランチで、大島の真骨頂はそこにあります。なかなか日本にはいないタイプのボランチなのです。

 

ボランチの選手としては非常に小柄(身長168センチ)ですが、前述したキープ力の高さから殆どボールを失うことがありません。守備能力についても近年成長が見られており、日本代表の試合でも体格のよい外国人選手を相手にして球際で力強くボールを奪う姿が見られます。

 

大島僚太の経歴

静岡の名門、静岡学園から2011年に川崎フロンターレに入団しました。

実は高校時代は目立った活躍がなく、アンダー世代の代表にも選ばれてませんでした。

そのため熱心なフロンターレサポーターの中でも、入団当時ここまでの選手になると予測した方は少なかったのではないでしょうか?

 

今では川崎フロンターレで日本人として初めて背番号10を背負い、王者川崎の中心選手として活躍しています。フロンターレの特徴的なサッカーの心臓であり、2017年のリーグ戦初優勝、そして今年の2連覇はこの選手無しには語れないでしょう。

 

チームでの活躍も認められ、2016年にはハリルホジッチ元監督から日本代表に初招集されています。

また同年、リオデジャネイロ五輪の代表にも選出されており、2018年にはロシアW杯の代表メンバーにも選出されましたが、怪我の影響もありロシアW杯では出場機会がありませんでした。

 

怪我の多さがネック

前述のようにとにかく素晴らしい能力を持った選手ではありますが、あまりにも怪我が多いことでも知られます。これにより日本代表に選出されても怪我による辞退を繰り返しており、チャンスを掴みきれていない印象があります。試合に出場さえすれば誰よりも輝いたプレーをする能力を持っていますが、このことが非常に勿体なく感じられます。

 

実は大島の負傷は筋肉系の怪我が大半を占めます。相手選手との接触等で受傷するわけではないため、起用においては計算が立たない選手でもあります。

 

大島が該当するのかは分かりませんが、肉離れになりやすい遺伝子の型というのが実際に存在すると順天堂大学の研究チームが発表しています。大島選手本人も筋肉系の怪我が多いことは自覚していると思いますので、何かしらの対策を講じてはいるはずです。

にも関わらず度々負傷してしまうことから、肉離れになりやすい体質なのではないでしょうか?

 

ただし、結婚を機に怪我が多かった選手が怪我をしなくなる例もあります。大島選手の奥さんにも大きく期待したいですね。

 

森保代表監督からの信頼は?

森保JAPANの初陣でも代表メンバーに選出されていましたが、怪我により辞退しています。その後は、怪我が癒えても代表には召集されておらず、森保監督から信頼を失っている印象です。

 

23名しか選ぶことができない代表で、さらに貴重な交代枠を自らの怪我によって減らされてしまうことは監督にとって高いリスクとなりますので、そのことを森保監督も危惧して呼ばれていない可能性があります。

これから代表の主力メンバーとなるためには、とにかく怪我による離脱をなくす必要があります。

 

大島の海外移籍の可能性は?

川崎フロンターレに中村憲剛という最高のお手本がいるため、海外に出なくともJリーグで成長できるという考えをかねてから持っているそうです。

そのため、大島選手が目指すキャリアは中村憲剛選手のように、川崎フロンターレのバンディエラとして長く活躍することなのかも知れません。

 

ただし、ロシアワールドカップで出場機会がなく、さらに代表で一緒だった本田圭佑選手、長友佑都選手から海外チームでプレーをすることに対する成長メリットを強く伝えられたようで、代表帰国後のインタビューでは海外移籍の可能性にも含みを持たせています。

しかし25歳という年齢では若手としての期待はされないため、恐らく最初からビッククラブへの移籍は叶わないと思います。

そのため、森岡亮太選手のように5大リーグ以外のクラブからのステップアップを目指すことになるのではないでしょうか。

 

まとめ

大島僚太は、その確かな技術、戦術眼を持っているため、日本代表の中心選手となっていてもおかしくありません。何より、同僚の中村憲剛が太鼓判を押している選手です。

それだけに怪我によって戦線離脱が多いのは本当にもったいないし、本人も相当悔しいと思います。

ボランチは経験がモノを言うポジションですので、怪我なく試合に出続けて、さらに成長した大島を見てみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました