サッカー五輪日本代表のオーバーエージ枠を分かりやすく解説。予想も!

ルール

サッカーのオリンピック代表の登録メンバーはワールドカップの登録メンバーよりも少ないのをご存じでしょうか。

さらにオーバーエイジ枠が存在するため、東京オリンピック世代にとって本戦メンバーに選ばれるのはかなり狭き門となります。

今回はオーバーエイジ枠にフォーカスした記事となります。

 

スポンサーリンク

オリンピックとワールドカップのメンバー登録の違い

登録メンバー数の違いは、
ワールドカップ23人
オリンピック18人
が登録メンバー数です。

またオリンピックはワールドカップと違い出場選手の年齢制限があり、大会期間中に23歳以下である必要があります。

ただし、年齢制限があるのは男子だけであり、女子については年齢制限がありません。

 

さらに特徴的なのがオーバーエイジ枠と呼ばれる制度です。

この制度は3名を上限として、23歳以上の選手をメンバー登録できる制度であり、過去日本代表もこのオーバーエイジの枠を利用しています。

 

サッカーオリンピックでのオーバーエイジ枠の歴史

オーバーエイジ枠が正式採用されたのは、1996年のアトランタオリンピックからになります。

そもそも1992年のバルセロナオリンピック以前は23歳以下という年齢制限自体がありませんでした。

 

サッカーのプロ化が進むにつれ、「アマチュアの大会である」というオリンピックのアマチュア条項のため、プロリーグで活躍する一流選手が参加できなくなり、しばらくの間オリンピックはワールドカップよりも圧倒的に低い位置づけとなっていました。

 

1970年代にアマチュア条項がなくなり、プロ選手も出場できるようになりましたが、ワールドカップの威厳を保ちたいFIFAと、オリンピックのサッカー競技の集客力向上を目指したいIOCで妥協点を探った結果、1992年のバルセロナオリンピックからオリンピックを23歳以下の大会とすることで落ち着きました。

 

しかし、バルセロナオリンピックのサッカー競技の集客は期待していたよりも少なく、「若く知名度に乏しい選手が多い」ということが原因の一つとされたことから、1996年のアトランタオリンピックから正式に今のオーバーエイジのルールが制定されました。

 

サッカー日本代表のオーバーエイジの歴史

これまで日本サッカーはオーバーエイジ制度が始まった1996年のアトランタオリンピックから、2016年のリオオリンピックまで6大会連続で出場しています。

各大会の成績とオーバーエイジ枠の活用状況は以下となります。

開催年度 開催都市 結果 監督 OA枠① OA枠② OA枠③
1996 アトランタ GL敗退 西野朗 なし
2000 シドニー ベスト8 トルシエ 楢崎正剛 森岡隆三 三浦淳宏
2004 アテネ GL敗退 山本昌邦 曽ヶ端準 小野伸二
2008 北京 GL敗退 反町康治 なし
2012 ロンドン 4位 関塚隆 徳永悠平 吉田麻也 林彰洋
2016 リオ GL敗退 手倉森誠 塩谷司 興梠慎三 藤春廣輝

 

オーバーエイジ枠を使わなかったのはアトランタと北京の2大会ですが、いずれもグループリーグ敗退を喫しています。

オーバーエイジ枠を活用した大会ではベスト4(ロンドン)、ベスト8(シドニー)と結果を残していることから、オーバーエイジ枠の有効活用が好成績への鍵となっていると言えます。

 

なお、これまでの傾向として、オーバーエイジ枠にはGKとDFが使われる傾向が高く、攻撃的な選手はほとんど選ばれていません。(小野と興梠のみ)

これはGKとDFが経験が武器になるポジションであるかつ、後方から声を出すことができるからでしょう。

 

歴代優勝国のオーバーエイジ枠の活用状況

歴代優勝国のオーバーエイジ枠の活用状況は以下となっています。

開催年度 開催都市 優勝 OA OA OA
1996 アトランタ ナイジェリア DF オケチュク
(28歳)
MF アムニケ
(25歳)
2000 シドニー カメルーン FW エムボマ
(29歳)
DF ミンポ
(26歳)
2004 アテネ アルゼンチン DF アジャラ(31歳) MF キリ・ゴンサレス
(30歳)
DF エインセ
(26歳)
2008 北京 アルゼンチン MF リケルメ
(30歳)
MF マスチェラーノ(24歳) DF パレハ
(24歳)
2012 ロンドン メキシコ DF サルシド(32歳) GK コロナ
(31歳)
FW ペラルタ(28歳)
2016 リオ ブラジル GK プラス
(37歳)
MF レナト・アウグスト
(28歳)
FW ネイマール(24歳)

 

2008年からはオーバーエイジの3枠をフル活用いているチームが優勝しており、やはり年長者の存在は大きいと言えます。

日本の活用状況とも似ていますが、やはりGK、DFに枠を使うチームが多い傾向があります。

 

東京オリンピックのオーバーエイジ枠予想

東京オリンピックに向けた日本代表のメンバーについては、まず間違いなくオーバーエイジの3枠がフル活用されると思われます。

そのため23歳以下の選手たちにとって、残された枠は15であり、さらにGKに2枠使われることを考えると、フィールドプレーヤーにとっては13とさらに少ない枠になるでしょう。

 

東京オリンピック世代での最激戦区は2列目で、堂安律、久保建英、三好康児などフル代表にも招集されているメンバーがいます。そのため、このポジションにオーバーエイジ枠は使わないと考えられます。

またGKについても大迫敬介がフル代表にも選出されているため、GK枠にも使うことはないと思われます。

 

手薄と言われるポジションはエースが定まらないセンターフォワード、そして冨安健洋の相方となるセンターバック、絶対的なゲームメーカーがいないボランチ、もしくはサイドバックと思われます。

 

センターフォワードとして渇望されているのは大迫勇也ですが、クラブが招集に応じるかが鍵になります。センターバックは経験も考慮して、吉田麻也でしょう。

ボランチとしてはフル代表でも活躍する柴崎岳が候補になると思われますが、経験を買ってサイドバックの長友佑都という可能性もあります。

 

おわりに

U-23アジア選手権(東京オリンピック最終予選)での史上初のグループリーグ敗退という失態から、監督交代の可能性も浮上してきました。

守備陣の立て直しは急務で、オーバーエイジの力を借りるしかありません。

オーバーエイジ枠を活用しないという選択肢は考えられないので、誰を起用するかが注目ポイントですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました