バルサ、マンC、チェルシーが7月に来日!メッシ、スアレスも来るの?

クラブチーム

欧州リーグのシーズン開幕前に、強豪クラブが世界ツアーを開催することは通例となりました。

この世界ツアーの主な目的は、試合を行うことによる興行収入と、ヨーロッパ以外のマーケットの開拓とされています。

著名なのは毎年アメリカで開催されているインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)です。2019年も開催されますが、その出場クラブは非常に豪華です。

 

この記事では、2019年のICCの出場クラブをはじめ、日本で開催される楽天カップユーロジャパンカップへの出場クラブについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

2019年のICC出場クラブは?

2019年のICCへ出場する豪華クラブは以下の12クラブです。

・AC ミラン
・ベンフィカ
・マンチェスターユナイテッド
・バイエルンミュンヘン
・アーセナル
・ユベントス
・トッテナム
・インテル
・アトレティコマドリード
・ASローマ
レアルマドリード
・CDグアダラハラ

 

久保建英選手が移籍するレアルマドリードも参戦しますね。

ただし、例年ここに参加していた
・バルセロナ
・マンチェスターシティ
・チェルシー
の3クラブが含まれておらず、彼らはプレシーズンを日本で過ごすことを決めました。

 

それが今夏、日本で開催されるのは楽天カップユーロジャパンカップです。

 

楽天カップの参加クラブと日程は?

 

楽天カップはその名の通り、楽天がスポンサーとなって開催するプレシーズンマッチです。

ヴィッセル神戸バルセロナチェルシーが参加クラブとなります。

バルセロナ、チェルシーという世界的な人気クラブを日本に呼べるのは、楽天さまさまと言ったところでしょう。

 

楽天カップは以下の日程で開催予定です。

<楽天カップ>

7/23(火)19:00
埼玉スタジアム2002

バルセロナ×チェルシー

 

7/27(土)15:00
ノエビアスタジアム神戸

バルセロナ×ヴィッセル神戸

 

またチェルシーはJリーグワールドチャレンジ2019と称して、Jリーグ王者の川崎フロンターレとも対戦します。

 

<Jリーグワールドチャレンジ2019>

7/19(金)19:00
日産スタジアム

チェルシー×川崎フロンターレ

 

ユーロジャパンカップの参加クラブと日程は?

 

ユーロジャパンカップはマンチェスターシティーと、横浜F・マリノスによるプレシーズンマッチです。

このプレシーズンマッチは、横浜F・マリノスが2015年からマンチェスターシティを中心としたシティーグループの一員となっていることから実現しました。

 

こちらについては、以下の日程で開催されます。

<ユーロジャパンカップ2019>

7/27(土)
日産スタジアム

マンチェスターシティ×横浜F・マリノス

 

招集メンバーは?メッシは来日する?

今回はコパ・アメリカが6月に開催されているため、残念ながらコパアメリカの出場選手達はシーズンオフの期間を考慮され、来日を見送ることになる可能性が高いです。

 

来日予定のバルセロナ、チェルシー、マンチェスターシティの中で、コパアメリカに参加しているのはそれぞれ以下の選手たちです。

<コパ・アメリカ出場選手>

バルセロナ

  • メッシ(アルゼンチン)
  • スアレス(ウルグアイ)
  • コウチーニョ(ブラジル)
  • アルトゥール(ブラジル)

 

チェルシー

  • ウィリアン(ブラジル)

 

マンチェスターシティ

  • エデルソン(ブラジル)
  • フェルナンジーニョ(ブラジル)
  • アグエロ(アルゼンチン)
  • ガブリエル・ジェズズ(ブラジル)

 

メッシスアレスなどのバルセロナ勢は、楽天との契約で来日する可能性はありますが、残念ながらフルコンディションではないのは確かでしょう。

 

楽天カップのチケット価格設定が話題に

さて、普段日本では見られない選手たちを生観戦できる機会とあって、このプレシーズンマッチのチケット価格が話題となっています。

ずユーロジャパンカップですが、マンチェスターシティと横浜F・マリノスの試合は5段階の価格設定となり、一番安い席で5,000円となりました。

 

<マンチェスターシティ対横浜F・マリノス>

スペシャルシート 28,000円
カテゴリー1 11,800円
カテゴリー2 10,800円
カテゴリー3 7,500円
カテゴリー4 5,000円

 

カテゴリー4については普段のJリーグの同じ席が2,500円ほどのため、ほぼ2倍の価格設定となります。

しかし、マンチェスターシティを日本で生観戦できる機会は少なく、この価格自体は受け入れられており、既にほとんどの席でチケットがSOLD OUTしています。

 

ユーロジャパンカップの後に発表された楽天カップの価格設定は、そのチケット価格の高さが話題となりました。

 

<バルセロナ対チェルシー>

プレミアム席 200,000円
カテゴリー1 70,000円
カテゴリー2 40,000円
カテゴリー3 35,000円
カテゴリー4 28,000円
カテゴリー5 20,000円

 

<バルセロナ対ヴィッセル神戸>

カテゴリーS 80,000円
カテゴリー1 45,000円
カテゴリー2 35,000円
カテゴリー3 25,000円
カテゴリー4 15,000円

 

なんとユーロジャパンカップのカテゴリー1が、楽天カップのカテゴリー4よりも安いという結果となっています。

普段のJリーグ観戦者からすると、年間チケットが買えてしまう価格ですが、やはりバルセロナ、チェルシーのブランド力は高いということになります。

ちなみにこの強気な価格設定にも関わらず、チケットは完売見込みとなっています。

 

まとめ

普段、主に海外サッカーを観る方にとっては、プレシーズンマッチとはいえ、日本でビッグクラブの選手たちのプレーを観ることは非常に貴重な機会となります。

おそらくテレビ放送もされると思いますが、お財布に余裕があれば、ぜひこの機会にスタジアムで生観戦してみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました