サッカー ビデオ判定(VAR)の仕組み。選手からの要求はイエローカード!

VAR ルール

ワールドカップでは2018年ロシアワールドカップで正式導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)。

アジアカップ2019では、準々決勝から導入されることになります。

準々決勝の組み合わせはこちらをご覧ください。

アジア杯2019決勝トーナメント全チームが決定!随時結果更新!
アジアカップ2019のグループステージがすべて終わり順位が確定しました。それにより決勝トーナメントの組み合わせもすべて決まりました。グループステージの全結果と決勝トーナメント表・日程をまとめました。

 

VARとは、とても簡単にいうとビデオ判定のことなんですが、どういうプレーのときに利用できるのか、ビデオ判定は絶対的なのか、など細かいルールはあります。

 

今回は、ビデオ判定(VAR)の仕組みを簡潔に分かりやすく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

VARの仕組みとは

サッカーの審判とVARの役割

サッカーの試合は、ピッチ上で笛を吹いて試合をコントロールする主審1名、サイドラインでスローインやオフサイドの判定を行う旗を持った副審2名によって裁かれます。

 

もっとも、主審も副審も人間です。人間が裁くものの中には間違い(誤審)もあります。

これまでも誤審によって結果が大きく変わった試合も少なくありません。

特にワールドカップといった国の威信をかけた戦いでは、誤審はゼロにしたいというのが主催者をはじめ、選手・監督、チーム関係者、そしてファンの願いです。

 

そこでテクノロジーを活用して、主審の判定を補助するために導入されたのがVARというシステムです。

 

このVARはどんな役割を果たすのでしょうか。

VARはビデオ(Video)・アシスタント(Assistant)・レフェリー(Referee)の略です。

 

主審・副審のほかに常にモニターで試合をチェックする審判員がおり、主審の判定に疑義がある場合、主審に助言するという役割を担っています。

あるいは、主審の方からVARに助言を求めることもできます。

 

VARの対象となるのはどんなケース?

ただし、どんなプレーにもビデオ判定を用いていたのでは、そのたびに試合を止めて確認しないといけなくなるため、効率的ではありませんし、試合自体面白くなくなってしまいます。

 

そこで、VARの対象となるプレーは試合を決定づける4つのケースに限定されています。

 

①ゴール判定
ボールが全部ゴールラインを割ったかどうか、あるいはゴール直前のプレーで試合結果に大きく影響するケース

②PK判定
ペナルティエリア内でのファールが、PK(ペナルティキック)を与えるべきものか疑義があるケース

③レッドカード
一発退場に相当するファールだったかどうか疑義があるケース

④人違い
主審が間違った選手に対して注意や警告を与えたか疑義があるケース

 

試合の流れを極力阻害しないために、以上の4つのケースに限定されています。

 

VARを受け入れるかは主審の判断

Embed from Getty Images

 

VARによる助言があったとしても、最終的にビデオ判定を行うかどうかを決めるのは主審です。

 

例えば、ペナルティエリア内でDFがシュートをブロックした際に手に当たってしまったとします。主審はハンドにも見えたが、不可抗力だとしてPKをとりませんでした。これに対してVARによるビデオ判定の助言があったとしても、主審は自身の判断を優先してビデオ判定をしないということができるということです。

 

まずは、主審の判定ありき。(主審がVARの助言を待って判定することはできない)

その上で、VARは上記4つのケースがあった場合には主審に無線を使って助言する。(あるいは主審が判定したのち、疑問が生じればVARの助言を求めることができる)

その助言を受け入れるかどうかは審判が決める。

受け入れる場合は、ビデオモニターで確認しますよという意味で、両手の人差し指で四角を描くジェスチャーをします。

ピッチ脇のモニターで確認して、主審が最終的な判定を下します。

 

選手・監督による要求はダメ

ビデオ判定を行うかどうかは、あくまで主審とVARとのやりとりになります。

選手や監督がビデオ判定を行うように要求することはできません

国際サッカー評議会が定めたVARハンドブックには、選手がビデオ判定のジェスチャー(両手の人差し指で四角を描くこと)をすると、イエローカードの対象となると規定されています。

また、競技規則でも過度な要求は警告だとされています。

 

あくまで試合を裁くのは審判だということですね。

 

VAR導入によるメリット

これはVAR導入の目的そのもので、公正なジャッジが期待できるということです。

これまでは、主審や副審の死角でのファールの見逃しや、テレビのリプレイで見ると明らかに誤審だというものであっても、主審の判定を正すことができませんでした。

 

例えば、2002年の日韓ワールドカップでの決勝トーナメント、韓国vsイタリア戦は審判の判定に多くの批判が集まりました。この時、ビデオ判定が行われていたら結果はまた違ったものになった可能性が大きいと思います。

 

また、サッカー史上で最大の誤審はマラドーナの神の手ゴールが挙げられますが、その時の主審はいまだに多くの人に言われ続けて苦悩しているそうです。

 

このように、人間による微妙な判断をテクノロジーで解決し、試合の結果に直結するようなプレーを慎重に判断できるようになったことは、選手、審判をはじめすべての人を納得させることができるのです。

 

VARのデメリット

VARの導入に反対する勢力は、試合が度々中断されることになる懸念を挙げていますが、VARの対象が4つに限定されていることから、試合の流れを阻害するまでには至っていないと思います。

事実、ロシアワールドカップでもVARを活用したケースはいくつかありましたが、それほど苦になるものでもありませんでした。

そして、ビデオ判定にかかった時間はアディショナルタイムに加えられるため、選手にとってのデメリットもありません。

 

むしろ、VARは多額の費用がかかることの方が大きいと思います。

何台ものモニターが必要となりますし、VAR要員も必要となってきます。

そのため、Jリーグではまだ本格導入されるまでには至っていません。

アジアにおいても、アジアカップ2019の準々決勝から初めて導入されることになりました。

日本とベトナムの試合がアジア初のVAR導入試合となり、さっそくVARが利用されました。

その結果はこちら↓

VARに泣いた吉田、VARに笑った堂安。日本vsベトナム戦の結果と採点
アジアカップ2019準々決勝の日本vsベトナム戦は、堂安のPKによるゴールで日本が勝利!この試合はVAR(ビデオ判定)で始まり、VARで終わった試合でしたね。試合内容を振り返ってみましょう。

 

まとめ

大きな大会になればなるほど、誤審による影響は計り知れません。

ワールドカップで初めて導入されたロシアでは特に大きな混乱もなく、むしろ誤審を減らすことに貢献しました。

費用の問題もありますが、日本においても2019シーズンに、VARを試験導入しようとする動きがあるようです。

 

世紀の大誤審をなくすため、VARを導入する流れは、サッカー界にとって非常に前向きなことだと思います。

もっとも、最終的な判断は主審によりますので、主審がうまくVAR活用できるかがポイントになってきます。

サッカーを観戦する際には、こういった部分にも目を向けてみると面白いと思います。

 

コメント