上田綺世の読み方とプレースタイル。法政大から鹿島へ。東京五輪エース候補!【動画あり】

上田綺世プレースタイル FW

法政大学に所属する上田綺世をご存知でしょうか?綺世は「あやせ」と読みます。

U21日本代表での活躍から最近名前を目にする機会も多くなってきています。

しかしJリーグ所属ではないため、まだそこまで情報が集まってきません。

 

将来日本を背負って立つ可能性があるFWの一人として、どんなプレーをする選手なのかを知っておくとよいかと思います。

今回は、そんな上田綺世の経歴やプレースタイルなどについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

上田綺世のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Hideki Kitaharaさん(@hidekikitahara)がシェアした投稿

法政大学に在学中で、大学界屈指のストライカーとして存在感を高めています。身体のサイズ的には大迫勇也がほぼ近いと思います。

名 前 上田 綺世(うえだ あやせ)
出身地 大阪府高槻市
生年月日 1998年8月28日
身長/体重 182cm/76kg
所属/背番号 法政大学
ポジション FW
利き足 右足

 

上田綺世のプレースタイル

前述の通り、幼い頃からフォワードとしてプレーしており、憧れの選手としてインザーギとバディストゥータを挙げています。

ゴールパターンが多彩であり、抜け出してのシュートサイドからワンタッチで合わせるシュートヘディングと、これまで代表でも様々なパターンからゴールを奪っています。

 

反面、本人も中盤の組み立てに参加したり、ゲームを作るプレーは苦手と口にしています。

憧れだった2選手と同じようにペナルティーエリア付近で能力を発揮するボックスストライカーであり、逆に上田はペナルティーエリア内のプレーであれば誰にも負けない自信を持っているようです。

 

【上田綺世のストライカーぶりが分かる1分半の動画】(Football mania様に感謝)

 

上田綺世の経歴

茨城県出身で中学時代は鹿島アントラーズジュニアユースノルテに所属します。

ノルテとはアントラーズの3つのジュニアユースチームのひとつです。

ちなみになぜ「ノルテ」という日本では聞き慣れない言葉が使われているかというと、これはポルトガルで「北」という意味だそうです。このチームの活動拠点が茨城県の県北のためこの名称が付けられています。ノルテ出身で著名なサッカープレーヤーとしては大津祐樹が上げられます。

 

上田は中学時代、身長が低かったことから、鹿島ユースへの昇格を逃し、高校は鹿島学園に進学します。

鹿島学園では1年生の時から活躍し、10番を背負って高校選手権にも出場しています。中学時代に160センチ台だった身長も高校卒業時には182センチに伸び、課題だったフィジカル面も武器として使えるようになります。

 

急激に身長が伸びたことは、上田にとって良いことでもあったようです。

というのも、上田はサッカー人生のほとんどをフォワードとしてプレーしていますが、身長が低かったときは、体格で上回る相手DFに負けないように一瞬で相手より前に出るプレーや、裏に抜け出すプレーなどを武器にしており、身長が伸びてからはヘディングや体格を活かしたプレーができるようになっています。

 

身長の大きな選手は足元の技術がおろそかになる傾向がありますが、上田は身長が低い時期に足元の技術も磨いていたため、完成度の高いフォワードとして成長することができています。

 

高校卒業後は法政大学へ進学し、大学1年時には関東大学リーグで12得点を上げ大学ナンバーワンエースの称号を手にします。

U-21日本代表へはこの活躍が元で初招集されており、それまではアンダー世代の代表選出経験はありませんでした。

 

そのため初招集時は、ユース年代からの常連メンバーは誰も上田のことを知らないというレベルでした。

しかし初招集されたタイ遠征で2得点と結果を残すと、森保監督からの評価を勝ち取り、そこからは代表の常連メンバーとなりました。

 

同じポジションにはジュビロの小川航基サガンの田川亨介、松本山雅の前田大然らがいますが、その実力者たちを退けてレギュラーを獲得していることから、上田の能力の高さが分かりますね。

 

東京オリンピックのU-23日本代表にも選ばれる可能性は高く、小川らが強力なライバルになるはずです。

 

 

上田綺世、鹿島アントラーズに内定!

法政大2年の上田綺世が鹿島アントラーズに内定したとの報道が2月10日にありました。近いうちに鹿島から正式発表があるようです。大学2年生での内定はクラブでの大学生最速内定だそうです。

 

J1の5クラブが争奪戦を繰り広げていた逸材。去就が注目されていましたが、予想通り鹿島アントラーズということになりました。

中学時に所属していたクラブであり、地元の茨城県のチームでもあります。上田自身もユースに昇格できなかったときから、いつか鹿島に入ることを目標に頑張ってきました。

 

大学在学中にプロ入りしたのは、長友佑都(明治大学)、武藤嘉紀(慶応大学)が有名所として挙げられます。二人は共に特別指定選手(※)として、FC東京に入団し、チームで出場機会を掴んでプロ入りしています。

 

今後上田もまずは特別指定選手としてJリーグデビューを目指していくと思われます。

 

※特別指定選手

ここで特別指定選手について少し補足します。

特別指定選手は正式には「JFA・Jリーグ特別指定選手制度」であり、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、日本クラブユースサッカー連盟のいずれかに所属している選手が、プロのカテゴリーであるJリーグに同時所属することができる制度です。

 

通常、Jリーグチームに加入するためには、各所属のサッカー連盟を離れる必要がありますが、特別指定選手にはその制限がありません。そのため、Jリーグチームの練習、試合に参加しつつも、自分のチームの試合にも参加することができます。

 

特別指定選手となるには、JFAから推薦選手となる必要があります。推薦選手となると、そのリストが各クラブに通達されます。

受け入れを希望するクラブは、その選手と交渉を行い、合意が得られた場合に、特別指定選手としての活動が可能になります。

 

なお特別指定選手となったといっても、卒業後に必ず入団しなければならないという縛りはないため、特別指定先と実際の入団クラブが違う選手はこれまでも数多くいます。

 

まとめ

東京五輪を前に、上田選手の活躍の場が広がったことは日本代表にとってもいいことだと思います。

2019シーズンから10番を背負うこととなった鹿島の安部裕葵とは同学年です。鈴木優磨や土居聖真もいます。こららの強力なライバルたちにどこまで食い込んでいけるか、大学No.1ストライカーの見せどころですね。

鹿島で活躍して、東京五輪へのはずみとしてほしいと思います。

 

コメント