アジア杯2019 ウズベキスタン戦の結果は武藤、塩谷のゴールで勝利!【動画あり】

ウズベキスタン戦の結果 アジアカップ2019

1月17日、アジアカップ2019、グループリーグ最終戦(第3戦)のウズベキスタン戦が行われました。

結果は2-1で日本の勝利!!

 

ともに2連勝で決勝トーナメント進出を決めていた両チームの、グループFの1位突破をかけた直接対決でしたが、1位日本、2位ウズベキスタンという結果になりました。

 

1位突破した日本代表は、決勝トーナメント初戦でカタールかサウジアラビアのどちらかとの対決となります。過去の日本代表との対戦成績はこちらをご覧ください。

アジア杯2019 日本2位ならオーストラリア。1位→カタールorサウジ
アジアカップ2019、日本がグループリーグを2位突破した場合の決勝トーナメント初戦の相手はオーストラリア。1位突破した場合はカタールとサウジアラビアのどちらか。過去の日本との対戦成績などをまとめました。

 

森保監督は「多くの選手を使っていきたい」との発言どおり、スタメンは前節のオマーン戦から北川を除く10人も入れ替えてきました。正直予想以上の入れ替えでした。これで怪我の東口を除き、全選手がアジアカップ出場を果たしました。

ウズベキスタン戦のスタメン

アジアカップ初出場の選手は、GKシュミット・ダニエル、DF室屋成佐々木翔三浦弦太、MF塩谷司青山敏弘乾貴士7名です。

 

塩谷司と青山敏弘はサンフレッチェ広島の元チームメイト同士のボランチとなりました。青山はこの試合、キャプテンを任されています。

乾貴士もロシアワールドカップ以来の代表復帰戦。伊東純也は第2戦のオマーン戦ではわずか数分の出場。スタメンでアピールするチャンスです。

北川航也武藤嘉紀はオマーン戦で良いところが見せられなかったため、リベンジのチャンスとなりました。

それでは、ウズベキスタン戦を振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

【前半】先制されるも室屋→武藤で同点ゴール!

まずはゴールを動画でご覧ください。

前半は13分から15分にかけて伊東がチャンスを作ります。13分には右サイドからゴール前に鋭いクロス。武藤が詰めるもゴールならず。15分には相手のハンドによるFKを伊東がゴール前にピンポイントクロス。槙野が飛び込みますがオフサイドの判定。

 

その直後に日本はピンチを招きます。右サイドを抜け出したハムダモフが中央にパス。一番警戒しなければいけない14番・ショムロドフがドフリーでシュートするも、大きく枠を外れて助かりました。

 

前半20分、日本はビッグチャンスを迎えました。乾を拠点にした攻撃から武藤が左サイドから高速クロス。中央の北川には合いませんでしたが、こぼれ球を乾が強烈なハーフボレー。相手GKのファイルセーブで阻まれますが、あと一歩でした。

 

前半35分、北川にようやくチャンスが訪れます。ペナルティエリア中央でパスを受けた北川が反転してシュート。キーパーに止められましたが、北川にとってはじめてのビッグチャンスでした。

 

チャンスを決めきれない日本を後目に、ウズベキスタンは少ないチャンスをモノにします。前半40分、またも右サイドのハムダモフから要注意人物ショムロドフにスルーパスが通ります。槙野が付いていけず、対応にいった三浦もかわされ、ついに先制点を奪われてしまいました。

 

しかし、その3分後の43分、日本はすぐさま同点に追い付きます。右サイドで競り勝った室屋が中央へ精度の高いクロスを上げ、武藤がドンピシャの強烈なヘディングシュート。ゴールに吸い込ました。

先制された直後のいい形でのゴールで、日本は息を吹き返しました。

 

【後半】伊東のスピード、塩谷の逆転ゴール

後半の立ち上がりはあまり動きがありませんでしたが、後半8分、Jリーグのジュビロ磐田でも活躍するムサエフがペナルティエリア内でフリーでシュート体勢に。ピンチだった日本は伊東が一気に詰めボールを奪取。

このプレーで足を痛めたかと思いきや、直後に伊東がスピードを活かして高速ドリブル。クロスもシュートも狙える状態で、伊東はシュートを選択。無回転の強烈なシュートはGKに阻まれますが、いいチャレンジでした。

 

この後、武藤、乾と立て続けにミドルシュートを狙いますが、枠を外れてゴールならず。

そして日本の波状攻撃を締めくくったのが塩谷でした。ペナルティエリア外で構えていた塩谷が、こぼれ球を左足で一閃。強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さり、逆転に成功しました。

 

開催地UAEのアル・アインで活躍する塩谷。12月に行われたクラブワールドカップでもレアル・マドリード相手にゴールを決め、準優勝に貢献した選手です。アル・アインに移籍する前にはサンフレッチェ広島で森保監督のもと、3度のリーグ優勝に貢献しています。

 

後半27分、塩谷からパスを受けた伊東がペナルティエリア手前からミドルシュートを放ちますが、枠外へ。ただ積極的なシュートはゴールの予感を感じさせます。撃たなきゃ入りませんからね。いい仕掛けだと思います。

 

後半31分、見応えあるカウンター合戦。乾がボールを奪われ一気にカウンターを受けます。室屋が落ち着いて対応すると今度は日本のカウンター。室屋から伊東へボールが渡ると、高速ドリブルで駆け上がります。中央にパスするも、乾が処理しきれず。

 

疲れがみえる乾に代わって、後半36分に原口を投入しました。

その直後、またしても伊東からチャンスが生まれます。左サイドにいた伊東にボールが渡ると、伊東から中央の武藤へ。武藤が相手を引き付けてさらに中央にいた北川へパス。フリーの北川でしたが大きく枠外へ外してしまいました。ここで決められると日本が楽になるんですけどね。

 

後半40分、武藤に代わって遠藤を投入。その意図は守り切ること。

後半41分、シュミット・ダニエルがスーパーセーブでゴールマウスを死守します。相手のミドルシュートは枠内ギリギリのところ。身長197cmの高さを活かしてボールをはじき出しました。

 

後半48分には、北川に代わって冨安を投入し、日本はしっかり守り切りました。

 

ウズベキスタン戦での全出場選手を採点

独自に10段階で評価してみました。

 

シュミットは1ゴール奪われたものの、後半には高さを活かしたスーパーセーブを見せるなど、持ち味を発揮、6.5点

室屋と佐々木の両サイドの出来はよかったと思います。前半の途中から積極的に攻撃参加し、アシストも記録した室屋7点

中央の槙野三浦は2人してもショムロドフを止められなかったため、5.5点

青山塩谷のボランチはレギュラー組にも劣らず非常に機能していました。ゴールを決めた塩谷に7点

伊東はこの試合一番躍動していました。ゴールこそありませんでしたが、右サイドを高速で駆け上がり、積極的なシュートでチャンスを何度も演出したため、7点

は前半は攻撃の中心的な役割を担っていましたが、後半は存在感が薄かったため、6点

北川はこれまではチャンスすら作れませんでしたが、この日は2度ビッグチャンス。ただし決めきれなかったため、5.5

武藤は2015年10月13日のイラン戦(親善試合)以来、3年3カ月ぶりの代表ゴール。積極性も評価して7点

 

途中出場の原口、遠藤、冨安は出場時間が少ないため、採点不能。

 

【スタメン】(選手名をクリックすると選手情報の記事に飛びます)

GK シュミット・ダニエル(26) ベガルタ仙台 6.5
DF 佐々木翔(29) サンフレッチェ広島 6
DF 槙野智章(31) 浦和レッズ 5.5
DF 三浦弦太(23) ガンバ大阪 5.5
DF 室屋成(24) FC東京 7
MF 塩谷司(30) アル・アイン 7
MF 青山敏弘(32) サンフレッチェ広島 6.5
MF 伊東純也(25) 柏レイソル 7
MF 乾貴士(30) べティス 後半36分OUT 6
MF 北川航也(22) 清水エスパルス 5.5
FW 武藤嘉紀(26) ニューカッスル 後半40分OUT

【途中出場】

MF 原口元気(27) ハノーファー 後半36分IN
MF 遠藤航(25) シント=トロイデン 後半39分IN
DF 冨安健洋(20) シント=トロイデン 後半48分IN

 

試合後のインタビュー

森保監督

  • 選手たちが総合力をみせようと総力戦で臨み、しっかりやってくれた。
  • 決勝トーナメントに向けて最善の準備、次の一戦にベストを尽くしたい。

 

武藤嘉紀

  • 久しくゴールから遠ざかっていたので、日本のために貢献できてよかった。
  • 第3戦は大幅なメンバー変更だったが、なにがなんでも1位通過で決勝トーナメントに進むと、相手よりも走ることを心掛けた。
  • 総力戦になってくる。日本代表のため、応援してくえる人のためにも、泥臭く、今日みたいなゴールを奪っていきたい。
  • 優勝するために一つ人つ相手を粉砕していく。

 

まとめ

この日のMVPは個人的には伊東純也だと思います。このポジションのライバル堂安律もうかうかしてられませんね。伊東のスピードは相手にとって本当に脅威になる、そしてシュートを積極的に撃つ姿勢は日本が決勝トーナメントを戦う上で、非常に武器となることが分かりました。

 

1位突破した日本の次の相手は、カタールかサウジアラビアです。18日1:00キックオフですので、18日朝には判明しているでしょう。

どちらが来ようが全力で叩くのみです!

 

決勝トーナメント第1戦の日程は以下のとおり。お見逃しなく!

  • 2019年1月21日(月)20:00キックオフ
  • テレビ放送 テレビ朝日系、NHK BS1

 

コメント