アジア杯2019ウズベキスタン代表の特徴・弱点、注目選手は?Jリーガーも。

ウズベキスタン代表って? アジアカップ2019

アジアカップ2019、日本代表の第3戦の相手はグループ最大の難敵・ウズベキスタン。

試合は、1月17日(木)22:30(日本時間)キックオフです。

 

日本とウズベキスタンはこれまでともに2連勝。グループ1位をかけた直接対決となります。

  • 勝てば1位突破。
  • 負ければ2位突破。
  • 引き分けなら得失点差で2位突破。

 

今回は、ウズベキスタンの特徴や弱点、注目選手FIFAランキングやこれまでの日本とウズベキスタンとの対戦成績などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ウズベキスタン代表の特徴・弱点

カウンターが特徴

中盤の両サイドのアタッカーには要注意。特に左サイドに位置するエルドル ショムロドフのカウンター攻撃には要注意です。

これまで全部で6ゴールをあげている攻撃力には十分に警戒する必要があります。

カウンター攻撃をさせないためにも、中盤での早めの守備を意識すべきでしょう。

トルクメニスタン戦のように、先制されてしまうと苦しい展開になってしまうので、カウンターから失点しないことは注意ポイントとなります。

 

ディフェンスの穴

左サイドバックの13番・ゾテエフは、もともと攻撃の選手なので、守備の意識が低いようです。

日本の右サイド・堂安や酒井が果敢に攻めていく方がいいと思います。

 

センターバックは190cmを超える大型選手であるため、空中戦や対人プレーは得意としています。ただ、背後への抜け出しには対応が遅れるようで、背後へ鋭いパスを供給していくとゴールへの活路が見いだせるかもしれません。

 

ウズベキスタンの注目選手5名+クーペル監督

ウズベキスタン代表には、Jリーガーが2名います。一人はJ1のジュビロ磐田のムサエフ、もう一人はJ2のレノファ山口でプレーするトゥルスノフです。

この2人を含めた注目選手を5人紹介します。

FWエルドル ショムロドフ(14番)

ロシアリーグで活躍する190cmの大型FW。日本の中盤、ディフェンス陣が早い段階で抑えられるかがポイントとなります。

初戦のオマーン戦では決勝ゴール、2戦目のトルクメニスタン戦では前半で2ゴールを奪っており、その得点力は要注意です。

 

MFオディル・アフメドフ(9番)

中国スーパーリーグの上海上港で活躍する31歳です。初戦のオマーン戦で1ゴールを決めています。

攻守の要となる選手。2度ウズベキスタン国内年間最優秀選手に選ばれたことがあります。

2007年に代表デビューをして以来、10年以上も代表をけん引してきたベテランには要注意です。

 

MFフォジル・ムサエフ(18番)

ジュビロ磐田に所属するJリーガーです。大怪我から復帰した30歳は、2戦目のトルクメニスタン戦、後半31分から今大会初出場を果たしました。

出場するにせよ、出番がないにせよ、日本をよく知るムサエフが日本戦のキーマンになりうるでしょう。

 

DFアンズル・イスマイロフ(5番)

2007年に代表デビューして、ウズベキスタン代表のディフェンスラインを統率してきた33歳のベテランセンターバック

190cmと高さもあるため、日本にとって空中戦は分が悪い。

 

DFドストンベック・トゥルスノフ(3番)

J2のレノファ山口でプレーする23歳の若手DFです。

AFC U-23選手権2018でウズベキスタンが優勝したメンバーの一人

これまで初戦、2戦と出番はまだないが、日本戦で大抜擢される可能性もあります。

 

クーペル監督

アルゼンチン人の名将クーペル監督は、2015年3月にエジプト代表監督に就任し、2018年のロシアW杯予選では、モハメド・サラー擁し28年ぶりにワールドカップ本大会へ導きました。もっとも本大会の結果は全敗で予選リーグ敗退。

2018年8月2日にウズベキスタン代表監督に就任しています。

 

ウズベキスタンの強さ(FIFAランキングとW杯出場回数)

FAFAランキングの推移

ウズベキスタンの過去10年分のFIFAランキング(※各年の最後に発表された順位)を日本のランキングと比較しながらみてみましょう。

ウズベキスタン代表 日本代表
2018年 95位 50位
2017年 78位 57位
2016年 62位 45位
2015年 74位 53位
2014年 74位 54位
2013年 68位 47位
2012年 67位 22位
2011年 75位 19位
2010年 109位 29位
2009年 76位 43位

グループリーグの中では日本のランキングに一番近いチームとなっています。

 

W杯出場回数、アジア杯出場回数

ウズベキスタンはオマーン同様、ワールドカップに出場したことがありません。

グループFの中でワールドカップに出場したことがある国は実は日本だけだったんですね!

 

アジアカップには、1996年から毎回出場しています。

開催年 結果
1996年 グループリーグ敗退
2000年 グループリーグ敗退
2004年 ベスト8
2007年 ベスト8
2011年 4位
2015年 ベスト8
2019年 ベスト16

 

オマーン代表との対戦成績

日本とウズベキスタンは過去10回対戦し、その対戦成績は、

日本の6勝3分け1敗(28得点9失点)となっています。

 

10試合のうち4試合が大量得点差で勝利していますが、残り6試合は引き分けか1点差で辛勝。

過去の試合結果一覧を見てみましょう。

2015/3/31 親善試合 5-1(勝ち)
2012/2/29 W杯予選 0-1(負け)
2011/9/6 W杯予選 1-1(分け)
2009/6/6 W杯予選 1-0(勝ち)
2008/10/15 W杯予選 1-1(分け)
2000/10/17 アジアカップ予選 8-1(勝ち)
1997/10/11 W杯予選 1-1(分け)
1997/9/7 W杯予選 6-3(勝ち)
1996/12/09 アジアカップ予選 4-0(勝ち)
1996/09/11 親善試合 1-0(勝ち)

 

ウズベキスタン代表の選手一覧

【GK】

  • 1 イグナティ・ネステロフ(ロコモティフ・タシュケント)
  • 21 ウトキリ・ユスポフ(コーカンド1912)
  • 12 サンアル・クバトフ(ナサフ)

【DF】

  • 15 エゴール・クリメツ(パフタコール)
  • 5 アンズル・イスマイロフ(ロコモティフ・タシュケント)
  • 3 ドストンベック・トゥルスノフ(レノファ山口/日本)
  • 20 イスロム・トゥフタフジャエフ(ロコモティフ・タシュケント)
  • 13 オレグ・ゾテーフ(ロコモティフ・タシュケント)
  • 4 ファルーフ・サイフィエフ(パフタコール)
  • 2 アクマル・ショラメドフ(パフタコール)
  • 6 ダヴロンベック・ハシモフ(ナフバホール)

【MF】

  • 23 オディル・オディル・ハムロベコフ(ナサフ)
  • 9 オディル・アフメドフ(上海上港/中国)
  • 19 オタベック・シュクロフ(アル・シャルジャ/UAE)
  • 18 ムサエフ(ジュビロ磐田/日本)
  • 11 ジャロリディン・マシャリポフ(パフタコール)
  • 16 アジズ・トルガンバエフ(ナフバホール)
  • 17 ドストンベク・ハムダモフ(アンジ/ロシア)
  • 22 ジャボヒール・シディコフ(コーカンド1912)
  • 8 イクロムジョン・アリバエフ(FCソウル/韓国)
  • 14 エルドール・ショムロドフ(ロストフ/ロシア)

【FW】

  • 10 マラト・ビクマエフ(ロコモティフ・タシュケント)
  • 7 サルドル・ラシドフ(ロコモティフ・タシュケント)

 

まとめ

日本もウズベキスタンも、グループリーグ突破を決めています。

あとは、どちらがグループ1位で突破できるかにかかってきます。

ウズベキスタンのカウンターには十分警戒しつつ、大胆に攻めてウズベキスタンに勝って1位通過を決めてもらいたいですね!

 

コメント