日本代表vsベネズエラ戦の結果|酒井の代表初ゴールもPK献上・・【動画あり】

ベネズエラ戦 日本代表

2018年11月16日、南米の強豪ベネズエラを大分に迎えたキリンチャレンジカップ。ベネズエラはワールドカップの出場経験がありませんが、FIFAランキングでは日本の50位よりも上の29位で、あなどれない相手です。

 

この日も中島・南野・堂安の新ビッグ3がスタメン出場しました。

怪我で離脱のボランチ青山敏弘の代わりの柴崎岳、左サイドバック長友佑都の代わりの佐々木翔、そしてなんといっても今日の注目は、代表デビューとなるGKシュミット・ダニエルがどこまで活躍できるかが注目されました。

 

また、現在、森保ジャパンになって3連勝南野拓実は3戦連続ゴールで爆発中。

初陣から史上初の4連勝となるか、南野は4戦連続ゴールとなるか、結果はどうだったでしょうか。見ていきましょう。

ベネズエラ戦スタメン
引用:サッカーダイジェストweb版

 

スポンサーリンク

ベネズエラ戦の結果はドロー

結果は1-1の引き分け!!

史上初の初陣からの4連勝、南野の4試合連続ゴールとはいきませんでしたが、いまだ負け知らずの森保ジャパンです。

酒井宏樹のゴールはもちろん、この試合の中でいくつかファインプレーがありました。

 

まずは酒井のゴールから!!(前半39分)

セットプレーからのゴールです。

右サイドからのフリーキックを10番中島翔哉がゴール前に蹴り込み、一番奥に走り込んできた酒井がジャンピングしながら強烈なシュート。相手ゴールキーパーの手をはじいて見事ゴールとなりました。

酒井はこれが代表初ゴール!ヘディングで決めてそうなイメージがありますよね。

 

PKを決められ同点に!!(後半36分)

対応が出遅れた酒井が、ペナルティエリア内で後ろから相手を倒す形でもつれてしまい、PKの判定。

ペナルティエリア内であったこと、もう一人DFが対応していたことから、無理に行く必要はなかったように思います。

代表デビューのGKシュミット・ダニエルの見せ場となりましたが、逆方向に飛んで同点に追いつかれてしまいました。

 

ゴール以外のファインプレー!!

前半11分、あわやベネズエラゴールという危ないシーンがありました。このピンチを20歳になったばかりの冨安健洋がすんでのところでクリアーするスーパープレイを見せました。

 

前半25分の堂安の反転からのチョップキックシュート。中央で受けた堂安律がうまい反転からゴールキーパーを交わすチョップキックでシュート。ゴール枠のわずか左に抜けていきました。

 

前半30分の吉田麻也からはじまったカウンター。鋭い縦パスに南野が抜け出て、中央にグラウンダーのパス。中には大迫が走り込んでいましたが、相手DFの必死のスライディングでクリアーされてしまいました。

 

前半34分の中島がキーパーと1対1となったシーン。中央で南野から前方にいる中島へキラーパス。ゴールキーパーと1対1となりましたが、シュートがキーパーに当たりゴールとはなりませんでした。

 

後半5分の柴崎の長いランからのシュート。センターラインあたりから自ら起点となり、中央やや左から右サイドの堂安を飛び越すランから、堂安のパスを受けてシュート。ゴールこそなりませんでしたが、柴崎の攻撃力をみせてくれました。

 

後半45分の吉田の幻のゴール。右サイドの伊東から長い大きなクロスが、吉田の頭にドンピシャ。ゴールに吸い込まれるも、オフサイドの判定でノーゴールとなりました。

 

佐々木翔、柴崎岳、シュミット・ダニエルはどうだった?

長友に代わってスタメンの佐々木の出来は?

前半11分に、この試合のターニングポイントを迎えます。佐々木の不用意なプレーから最大のピンチを招きます。あわやゴールかと思われたとき、冨安の懸命なクリアーに助けられました。

また、長友のような攻撃参加がほとんど見られず、左サイドで中島と連動した動きが少なかったように思います。

現時点では、中島と左サイドで組むなら長友に軍配が上がるでしょう。

 

青山に代わってスタメンの柴崎岳の出来は?

森保ジャパンでは、青山敏弘、遠藤航に次ぐ3番手の位置づけの柴崎。ウルグアイ戦では先発したのにまったく良いところが見せられずに後半途中で交代。

自身のリベンジマッチとなったこの試合では、攻撃の起点となるパスを供給したり、自ら駆け上がったりと攻守に躍動しており、復調の兆しが見えました。

ただ、所属チームで出ていないため、ロシアW杯のようなトップパフォーマンスではありません。

 

代表デビューのシュミット・ダニエルの出来は?

シュミット・ダニエルは身長197cmの超大型GKです。東口184cm、権田187cmのさらに上を行く高身長ですので、ハイボールが来たときの安心感はありました。

PKのときには、素早い動きに備えて体を丸めていましたが、その大きな体を広げてもっと相手を威圧すればいいのにと思ったところです。

また、ダニエルが自分で取りに行けたところなど、まだDFとの連携不足はあるように感じました。こればっかりは経験がモノをいうので第3GKというポジションではなかなか厳しいと思いますが。

 

日本代表として出場したという経験を積めたことは非常に自信になるし、これからのプレーに期待したいですね。

ベネズエラ戦での全出場選手と勝手な採点

今回は前線の選手を途中で4人入れ替えました。今回は1月からはじまるアジアカップのテストマッチという位置づけですので、呼んだ選手をどんどん使う森保監督には好感が持てます。

そこで結果を残せば、ポジション争いが激しくなってもっと活性化するんですが、今回のベネズエラ戦ではインパクトを残せた途中出場した選手はいなかったように思います。

原口元気は縦への突破でチャンスを作っていたので及第点かと思いますが、鈴木優磨の代わりに招集された杉本健勇のところでのボールの収まりが良くなかったですね。大迫の偉大さがよくわかりました。

一方、スタメンの前線4人(大迫、中島、南野、堂安)はとても安定していました。中でも、クラブでの好調ぶりが今日もそのまま出ていた堂安の動きがキレキレでしたね。果敢に仕掛けるプレーは今日のMVP級だと思います。

 

【スタメン】

GK23 シュミット・ダニエル(26) ベガルタ仙台
DF4 佐々木翔(29) サンフレッチェ広島 5.5
DF22 吉田麻也(30) サウサンプトン(イングランド) 6.5
DF19 酒井宏樹(28) マルセイユ(フランス)
DF16 冨安健洋(20) シントトロイデン(ベルギー) 6.5
MF7 柴崎 岳(26) ヘタフェ(スペイン) 後半28分OUT 6
MF6 遠藤 航(25) シントトロイデン(ベルギー) 6.5
MF10 中島翔哉(24) ポルティモネンセ(ポルトガル) 後半22分OUT 7
MF21 堂安 律(20) フローニンゲン(オランダ) 後半31分OUT
FW9 南野拓実(23) ザルツブルク(オーストリア) 後半31分OUT 7
FW15 大迫勇也(28) ブレーメン(ドイツ) 後半22分OUT 7

【途中出場】

FW13 北川航也(22) 清水エスパルス 後半22分IN 5.5
FW8 原口元気(27) ハノーファー(ドイツ) 後半22分IN 6
MF14 伊東純也(25) 柏レイソル 後半31分IN 5.5
FW11 杉本健勇(25) セレッソ大阪 後半31分IN 5

 

試合後のインタビュー(森保監督)

森保監督からは・・・

選手がなかなかウォームアップができないなか、先制点を奪って、追加点をとって勝ち切りたかった。ホテルからスタジアムまで渋滞があって試合に間に合わないかもしれないという状況で尽力してくれた警察の方、道を譲ってくださった方のおかげで今日試合ができたこと、ありがとうございました。

渋滞で試合開始に間に合わなかった方もいると思います。それでも道を譲るサポーターがいることは心温まるエピソードですね!

本当は勝って恩返しがしたかったと思います。

まとめ

今日のベネズエラ戦は、前線の4人は代表に欠かせない存在であることがよく分かる試合でした。このバックアッパーとして有力なのは、原口、伊東あたり。大迫に代わる選手がなかなか現れないのも課題かなと思います。

次は、アジアカップ前最後の試合、キルギス戦です。今度は勝って弾みをつけたいですね!

 

【今後の予定】

  • 11月20日(火)キルギス戦
  • 1月9日(水) トルクメニスタン戦
  • 1月13日(日) オマーン戦
  • 1月17日(木) ウズベキスタン戦

コメント

タイトルとURLをコピーしました